HOME > セールスポイント

災害リスクの少ない都市

自然災害が少ない安心・安全の立地環境

順位 都道府県 上陸数 順位 都道府県 上陸数
1 鹿児島県 39 11 神奈川県 5
2 高知県 26 13 大分県 3
3 和歌山県 22 14 青森県 2
4 静岡県 19 愛媛県 2
5 長崎県 16 広島県 2
6 宮崎県 12 山口県 2
愛知県 12 三重県 2
8 熊本県 12 19 福井県 1
千葉県 8 秋田県 1
10 北海道 6 兵庫県 1
11 徳島県 5 岩手県 1

■ 上陸数が多い都道府県(統計期間:1951年~2016年台風第16号まで)
※ 気象庁HPによる

 山口市は比較的温暖な瀬戸内型の気候で、大雨や大雪、台風などの自然災害リスクが比較的少ない地域です。
 特に山口県への台風の上陸・接近回数は全国的に見ても少なく、事業活動を継続して行う上で有利な立地環境と言えます。
 また、地震の発生回数も少なく、震度観測記録が残る1923年以降の地震発生数は全国3位の少なさとなっています。

平均台風接近数 (統計期間:1991年1月1日~2017年12月31日までの平均値)

平均台風接近数

※「九州北部」は山口県を含み、「中国」は山口県を含まない。
※「関東甲信」は伊豆諸島及び小笠原諸島を含まない。
※気象庁HP及び下関気象台HPのデータをもとに作成

過去の地震発生状況(震度1以上の地震累計が少ない都道府県を掲載)

都道
府県
震度別地震回数(気象庁地震データベース) 地震
保険

等級
震度1 震度2 震度3 震度4 震度5弱 震度5強 震度6弱 震度6強 震度7 不明 合計
富山県 301 141 50 10 2 0 0 0 0 0 504 1
佐賀県 419 165 67 10 1 1 1 0 0 0 664 1
山口県 518 215 74 27 6 1 0 0 0 0 845 1
滋賀県 715 250 84 20 3 0 0 0 0 0 1072 1
香川県 707 262 83 21 2 1 0 0 0 3 1079 2
大阪府 828 229 67 21 2 0 0 0 0 0 1147 2
島根県 769 346 103 19 2 2 0 0 0 0 1241 1
徳島県 884 329 93 20 4 1 0 0 0 0 1331 3
石川県 884 343 114 30 7 0 0 1 0 0 1379 1
高知県 915 391 130 25 4 0 0 0 0 1 1466 3
検索期間:1923年1月1日~2018年3月31日  ※気象庁地震データベースによる

立地に対する手厚いサポート

優遇制度とニーズに合ったワンストップサービス

 山口市では、様々な優遇制度を整備し、進出する際の初期投資負担の低減を図っています。
 各企業の立地形態により、立地奨励金、雇用奨励金、企業用地取得補助金、情報関連産業等支援補助金(通信費・家賃・研修費)、情報関連産業等雇用促進補助金などの様々なメニューを用意しています。また、新たに、新山口駅周辺へのオフィス進出に対する支援措置を創設したほか、次世代自動車、次世代住宅、健康・食品、医薬品・医療機器等を重点立地促進分野とし優遇制度の拡充をしています。
 さらに、企業立地に関する対応窓口を1本化し、ワンストップで許認可や各種情報提供などに対応します。
 立地後は定期的な訪問によりアフターケアに努めるとともに、山口市主催の誘致企業による異業種交流会を開催し、新たなビジネスチャンスの場を提供しています。

山口市の優遇制度について

優遇制度の詳細については右のボタンをクリックしてください。

優秀な人材が育つ元気な都市

向学の風を後押しする人口の増加

山口市の人口推移
周辺市町の人口推移

 山口市は、県内で今最も元気のある市として注目されています。市町合併(平成17年と平成22年に周辺1市5町が合併)によって、人口約19万人、面積約1,023.31k㎡を擁する市となりました。平成7年から平成27年の間に山口市全域で約4,300人(増減率約102%)の人口が増加しています。地方都市の人口が減少傾向にある中、山口市は人口の増加数、増加率ともに県内で1位です。

 多くの人材を輩出してきた山口県は、伝統的に向学の気風に富み、全国的にも教育県として知られています。山口市も、山口大学や山口県立大学、山口学芸大学といった高等教育機関を擁する文教都市の側面を持ち、産業を支える多くの担い手が育っています。

都市発展のプロジェクト

"広域県央中核都市"の拠点づくり

新山口駅周辺図

 小郡地域は、その中心に新幹線「のぞみ」「さくら」が停車する新山口駅を有するなど、山口県の交通の要衝であり、山口の陸の玄関にふさわしいにぎわいの創出と産業交流拠点としての機能強化が求められています。
 こうしたことから、山口市では、新山口駅周辺の基盤整備と市街地形成の二つを柱とする小郡都市核の創造に向けたリーディングプロジェクト「ターミナルパーク整備」を推進し、山口県中部圏域の広域的な産業振興と経済の活性化に貢献できる、"広域県央中核都市"の拠点づくりを進めています。

新山口駅ターミナルパーク整備

 山口の陸の玄関にふさわしい景観デザインを取り入れた駅前広場や、利用者の移動の円滑化を図った自由通路など、新山口駅及び周辺における7つの施設整備を進めています。

新山口駅ターミナルパーク

駅前広場(在来線側)

新山口駅北地区拠点施設整備

 山口県全体の交流人口の拡大や産業振興を図るため、県内最大の2千席の収容能力を有し、様々な規模や用途に柔軟に対応できる可変型の多目的ホールをはじめ、起業創業支援の窓口、多様な人材、企業、大学からの情報や知恵が集まり、新たなビジネス交流が生まれるインキュベーション等の機能のほか、市民の皆様が気軽に立ち寄れ、利用できるスタジオや広場、自由通路やロビー等のオープンスペース、メディカルフィットネス等を整備します。

新山口駅北地区重点エリア
山口市の概要 進出企業の声

新着情報

過去の情報はこちら

資料ダウンロード

山口市パンフレット
パンフレット