HOME > 新着情報

日本光電工業株式会社と小郡都市核へのオフィス設置に関する協定を締結

nihonkoden.jpg (19 KB)

 日本光電工業株式会社(本社:東京都新宿区)が山口市小郡地内にオフィスの設置を決定され、令和元年11月26日(火曜日)、同社と本市の間でオフィス設置に関する協定書の調印をしました。

 本市では、小郡都市核を県ナンバーワンのビジネス街へと発展させるため、小郡都市核においてオフィス等を設置する企業に対する支援制度「小郡都市核オフィス等立地促進補助金」を創設しており、今回は、補助金交付の第4号となります。

 日本光電工業株式会社は、医療用電子機器等の開発・製造・販売・保守サービスを主要な業務として展開しておられ、高い品質と信頼性・安全性を兼ね備えた製品を世界120カ国以上へ輸出されるなど、世界的な医療用機器メーカーとして確固たる地位を築いておられます。また、救命措置をする上で重要なAED(自動体外式除細動器)を製造する唯一の国内メーカーで、このたび、山口県全体の営業拠点となる「山口営業所」を山口市小郡維新町に設置されることとなりました。

 調印にあたり、益田尚哉中国支店長は、「新山口駅や高速道路のインターチェンジに近く、山口県全体の営業拠点として凄く良い場所である。今後、地域医療にできる限りの貢献をしていきたい」と述べられました。市長は、「健康都市宣言をしている本市に進出していただき大変ありがたい。新山口駅北口にライフイノベーションラボ等により構成する産業交流拠点施設の整備を進めており、今後の小郡都市核の発展にもご期待いただきたい」とあいさつしました。

 日本光電工業株式会社山口営業所は、医理学機器の販売、リース及び保守の営業拠点として、12月16日から常用従業員14人で操業開始を予定されています。

(写真説明:日本光電工業株式会社 益田中国支店長、市長)