HOME > 新着情報

シースター株式会社と進出協定を締結

 主に赤ちゃん向けの医療機器やヘルスケア商品の開発、製造・販売を行うシースター株式会社(本社東京都港区)が、山口物流産業団地(佐山)に物流センターの建設を決定され、10月7日に山口総合支所で本市と進出協定調印式を行いました。

 協定の調印に当たって、同社の山藤清隆社長は「県、市から心強い言葉をもらい、大変うれしい。昨今、日本のみならず、海外からも注文が増えている中で、国内の物流拠点として、ここ山口市から事業展開を行い、雇用創出にも積極的に取り組んでいきたい。」と述べられました。

 市長は「従業員一人ひとりが、子どもの健康を願う母親の気持ちに寄り添った商品の開発に取り組んでおられる御社の姿勢は、本市の地方創生の取り組みに、大きく御貢献いただけるものと期待をしている。」と感謝の言葉を述べました。
 物流センターは、平成30年4月に操業開始予定で、新たに50人が雇用される予定です。

(写真説明:右からシースター株式会社 山藤代表取締役社長、山口県商工労働部 阿野部長、市長)